ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

協働運搬ロボット「サウザー(THOUZER)」/物流センター内の運搬作業で省人化をお考えのお客さまへ

協働運搬ロボット「サウザー(THOUZER)」は、荷物を搬送するロボットです。
人や台車の後を追従したり、AGVのように無人でライン上を走行したりすることができます。
物流センター内のピッキング業務、補充業務、運搬作業の省人化を実現します。

協働運搬ロボット「サウザー(THOUZER)」

協働運搬ロボット「サウザー(THOUZER)」自動追従モード

協働運搬ロボット「サウザー(THOUZER)」ライントレースモード

株式会社Doog(ドーグ)の協働運搬ロボット「サウザー(THOUZER)」を取り扱っています。

AGVは、automatic(automated) guided vehicle(無人搬送車)の略称です。

以下の課題をお持ちのお客さまに協働運搬ロボット「サウザー」は効果的です。

搬送作業の省人化をしたい。

人手による搬送作業が多い。

搬送する距離が長い。

搬送作業の人員確保に苦労している。

AGVの導入が難しい現場である。

運搬ロボットを簡単に導入したい。

協働運搬ロボット「サウザー」の基本機能

「サウザー」の基本機能

  • 荷物は本体の積載部に載せて運搬することができます。(最大積載重量120kg)
  • 台車などをけん引し、運搬することができます。(最大けん引力780N)
  • ⾃動追従機能、ライントレース機能、手動操縦機能が使⽤できます。
  • ⾃動追従機能とライントレース機能の組み合わせで搬送工程を省人化することもできます。
  • AGVのような特別なプログラムは不要です。ボタン一つで運用を開始できます。1台からの導入もできます。
  • 高性能/高視野レーザーセンサーで衝突を回避します。
  • 狭い通路や建屋間の移動に対応できます。(※公道は走行できません)

1.自動追従機能

対象(人や機械)の後を追従し、荷物を搬送します。

  • レーザーセンサーが追従対象を識別し、追従対象と等距離を保つよう追従走行ができます。
  • 複数台のサウザーによるカルガモ走行も台数制限なくサポートします。
  • 高精度で、対象の人や機械(フォークリフトや他のサウザー)に追従します。
  • 経路上に障害物がある場合は、障害物を避けて走行します。
  • 走行可能な最小道幅は0.8m必要になります。
  • 走行可能な直角路は1.0m以上必要になります。

2.ライントレース機能

簡単に敷設、撤去できる反射テープを使ったライン上を自動走行します。

  • AGVのようにラインに沿って無人で走行します。
  • 入手性、経済性に優れる再帰反射素材のテープなどを使用します。
  • 経路上に障害物がある場合は自動停止します。
  • 走行可能な最小道幅は1.6m必要になります。
  • 走行可能なカーブの最小半径は1.0m必要になります。

3.ハイウェイ方式

ハイウェイ方式とは、ライントレース機能を「バーコードマーカの認識」「IoT 対応」「環境認識」によって機能拡張することで、ライン上の目的地へ移動できる追加機能になります。

  • 指示された場所に無人で移動します。
  • 分岐、合流点での譲り合い、速度制御などに対応できます。
  • 経路管理システムなしで、複数台のサウザーがルート上を走行できます。
  • 倉庫管理システム(WMS)と連動した高度なコントロールが可能になります。

*ハイウェイ方式を使用するには、スマートフォンや「4ボタン(4カ所の行き先を指定可能)」などの
ハイウェイ方式を起動する周辺機器が必要となります。

こちらをクリックしていただくと、「新機能紹介ハイウェイ方式(株式会社Doog提供)」の動画がご覧になれます。

協働運搬ロボット「サウザー(THOUZER)」の導入が効果的な物流現場とは

ライントレース機能による搬送工程に変更できる現場(倉庫内、工場内)

  • 無人化による大きなコスト削減を実現します。

けん引や追従搬送で、搬送回数を減らせる物流現場、製造現場

  • 一度に運ぶ荷物の量をN倍化し、省人化によるコスト削減を実現します。

必要台数が少なく、AGVの導入に踏み切れなかった現場

  • 本体1台からの導入が可能で、スモールスタートができます。
  • ライントレース機能は反射テープを貼るだけで走行コースの設定ができます。経路設定のプログラムや専門知識が不要です。

人の往来、フォークリフトの動線などからAGVの導入ができなかった物流現場

  • 反射テープを貼るだけなので床面の凹凸がほとんどありません。
  • 視野角270度のレーザーセンサーにより、衝突を回避します。

3PL企業など、柔軟なレイアウト変更や段取り変更が必要な物流現場

  • 反射テープの貼り替えだけで、レイアウト変更に対応できます。

基本仕様・周辺機器

基本仕様(型式 RMS-10E1(JP)、2020年5月現在)

積載重量 120kg
航続距離      *1 最大20km
登坂角度      *2 最大9度
段差走破      *2 最高3cm
走行速度      *3 最大7.5km/h
最小回転半径 約0.72m
本体サイズ 幅600mm × 長さ950mm × 高さ990mm
荷台サイズ 幅600mm × 長さ750mm × 高さ455mm
レーザーセンサー 最大検出距離10m、クラス1安全、地上320mm
バッテリー・充電 鉛蓄電池12V34Ah 2個、充電8時間
けん引力      *4 780N(被けん引物最大300kg相当)

*1 周囲温度や負荷、バッテリーの経年劣化により低下することがあります。株式会社Doogの定める試験条件によります。
*2 最大積載時の登坂角度は最大6度となります。けん引する場合には傾斜や段差のない場所で使用してください。
*3 けん引運用や重量物搬送にあたっては、安全上の理由で最高速度を制限する場合があります。
*4 サウザーにはけん引力(N)がありますが、被けん引物と床面・周辺環境との関係で決まるため、事前に十分な安全検証が
    
必要です。けん引力(N)の範囲内であっても、記載の被けん引物の質量を超えることはできません。

標準搭載

バンパーセンサー

サウザーが障害物に接触した時、非常停止し、手動操縦モードに移行します。

バンパー

非常停止ボタン(1個)

非常停止ボタンの操作により即時停止し、本体は電磁ブレーキが作動します。

警報装置

自動走行時に所定の警報音メロディが鳴ります。

ライントレース機能

反射テープに沿って無人で走行する機能です。

周辺機器

より安全に、便利にお使いいただくための周辺機器を紹介します。

表示灯

ランプで稼働状態を知らせます。

表示灯

ハイウェイ方式
(スマートフォン、「4ボタン」など)

ハイウェイ方式を使用するには、スマートフォンや「4ボタン」などの起動装置が必要となります。

台車けん引用治具

台車などをけん引するための治具です。

台車けん引用治具

クイックボタン

自動追従モード用、ライントレースモード用の2種類あります。素早く作業を開始するための大きなボタンです。

クイックボタン

追加非常停止ボタン

非常停止ボタンを追加できます。

安心してお使いいただくために

「サウザー(THOUZER)」には5年保証が付帯しており、保守会社のサービスマンによる定期点検や専用コールセンターの設置などのサービスが提供されます。
また、導入後6年目、7年目につきましては保守契約(有償)を用意しております。
(サウザー耐用年数:納品後最長7年まで)

導入事例

株式会社日立物流首都圏 様

株式会社日立物流首都圏 様

株式会社日立物流首都圏 様
『サウザー』による長距離運搬作業の自動化により、これまで3人体制で行っていた出荷作業を2人体制で対応できるようになり、作業員の負荷も軽減されました。

プレゼンテーションルーム

お問い合わせ お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

電話によるお問い合わせ

03-5634-7296

03-5634-7296

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせ