ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

月額5万円から始められる中国倉庫運営改善簡単スタート術

月額5万円から始められる中国倉庫運営改善簡単スタート術

月額5万円から始められる中国倉庫運営改善簡単スタート術

目次



このようなお悩みはありませんか?

このようなお悩みはありませんか?

課題

中国大手ECサイトとの受注データの連携を廉価に実現するポイントは?

ソリューション

解決策

クラウドサービスを活用し、ECサイトのシステムと連携を図ることが効果的です。
POINT

中国通販モール⇔WMS間のWebAPI連携

以前より中国国内におけるオンラインを活用した電子商取引(EC)が拡大しており、コロナ禍で通販需要がさらに増加しています。
中国の流通APIプラットフォームを採用することで、WMSと大手中国通販モール間のWebAPI連携が実現可能となります。

通販モール間の個別データ連携に必要な開発コストおよび期間の無駄を解消することで中国における日系企業の通販出店を支援可能です。

WebAPI連携の主な機能

  • 商品情報
  • ECオーダー情報
  • オーダーキャンセル情報
  • 入荷情報
  • 返品入荷情報
  • 在庫情報
  • 送り状情報


このようなお悩みはありませんか?

このようなお悩みはありませんか?

課題

中国大手運送業者との配送データの連携を廉価に実現するポイントは?

ソリューション

解決策

クラウドサービスを活用し、運送業者のシステムと連携を図ることが効果的です。
POINT

国内配送業者の専用送り状発行システムとWebAPI連携

送り状の発行業務は配送業者から提供されたアプリケーションへの入力や、1枚ずつの手書き作業など意外と時間がかかる業務の一つです。
日本国内向けのWMSで配送業者のアプリケーションとデータ連携を構築しているケースが多いように、中国で物流業務のシステム化を図る上で国内配送業者とのデータ連携も解決すべき課題となります。

各システム個別連携

各配送業者のアプリケーションごとにデータ連携構築するため、開発期間を要し費用も高額となります。
また、構築後の運用も各アプリケーションごとにメンテナンスが必要です。


APIプラットフォーム経由連携

配送業者アプリケーションと連携可能なAPIプラットフォームを採用することで、開発期間短縮とコスト低減を図れます。
また、各アプリケーションごとのメンテナンス発生時、APIプラットフォーム側で変更要望に対応して頂ける為、個別の影響を受けず各システムと連携可能となります。


目次



お問い合わせ お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

電話によるお問い合わせ

03-5634-7296

03-5634-7296

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせ