ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

月額5万円から始められる中国倉庫運営改善簡単スタート術

月額5万円から始められる中国倉庫運営改善簡単スタート術

月額5万円から始められる中国倉庫運営改善簡単スタート術

目次



このようなお悩みはありませんか?

このようなお悩みはありませんか?

課題

サイバーセキュリティ法、グレートファイアウォールの影響で中国だけITが孤立。
(中国独自システムの利用、IT統制、情報可視化が煩雑、システムが安定稼働しない)

ソリューション

解決策

中国国内のITインフラ活用により各国共通のシステム利用やシステム安定稼働が可能です。

(1)中国インターネット安全法(サイバーセキュリティ法)

中国のインターネット安全法とは、セキュリティ保護義務や個人情報の生成、収集、利用などについて定めたサイバーセキュリティ法です。IT事業者に限らず、メーカーや小売業者など中国でビジネスを行うあらゆる企業が適用対象であり、対応が必須となります。対応のポイントとして「データ越境伝送」「セキュリティ等級保護」「個人情報保護」「重要情報インフラ」があります。中国国内で収集、作成された個人情報等の重要データに関しては国内保存が義務化され、中国国外への越境にも制限がかかります。

データ越境伝送

中国国内で収集、処理された個人情報および重要データについては中国国内での保存が義務付けられており、中国国外への越境にも制限があります。
中国国外のシステムを利用する場合、中国リージョン以外のクラウドサービスを利用する場合などがデータの越境伝送にあたります。

セキュリティ等級保護

中国に拠点を持つ企業は、保有する情報ネットワークシステムに対してインシデント発生などによる損害の程度に基づき設定された等級に応じてセキュリティ対策を実装する必要があります。

個人情報保護

基本的に日本の個人情報保護法と近く、個人情報と個人センシティブ情報とを区分し、それぞれ必要に応じたセキュリティ保護対策の実施が必要です。

重要情報インフラ

エネルギーや交通、公共サービス、インターネット、ネットワーク、ビッグデータといった重要情報インフラに該当する企業に関しては特別なセキュリティ保護措置が求められます。



(2)グレートファイアウォール (金盾)

中国にはグレートファイアウォールと呼ばれるインターネット上の情報検閲システムがあり中国との国際通信にてさまざまな問題が発生するリスクがあります。

中国から海外、海外から中国へのインターネット通信が制限されているため日本側から国際回線経由にて中国の外資系クラウドサービス環境にアクセスした際に、明確な原因がつかみにくい障害が発生することがあります。
中国国外に保存されているデータを国内より廉価にストレスなく活用することは難しいです。

POINT

サイバーセキュリティ法やグレートファイアウォールといった中国独自のIT制約の中、日系企業が法令を順守し、業務アプリケーションの安定利用、情報の有効活用をして行くためには、中国国内にサーバーを置く必要性があります。
しかし個社でデータセンター、ネットワーク、サーバー運用体制等を構築するのは非効率であり、クラウドサービスの活用が有効です。
中国国内での法令順守、安定利用を実現する為に、中国製クラウド型インフラサービス(中国リージョン)の上手な活用が重要なポイントとなります。


目次



お問い合わせ お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

電話によるお問い合わせ

03-5634-7296

03-5634-7296

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせ