ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

お客さまのお悩みから見る海外物流センターの課題と解決法

お客さまのお悩みから見る
海外物流センターの課題と解決法

お役立ち情報:お客さまのお悩みから見る海外物流センターの課題と解決法

目次



このようなお悩みはありませんか?

このようなお悩みはありませんか?

課題

グローバル在庫の可視化を実現するためのポイントとは?
  • 海外では複数拠点間で別のシステムを使って在庫管理されており、在庫情報の収集や把握、判断が難しい。
  • 海外のシステム構築が現地任せであり、情報を集めるのに時間を要する。
    また集まった情報も同じ基準ではない。
  • 国土が広いため、複数箇所で在庫を保有しているが、拠点単位での在庫活用となっており、在庫の有効活用ができていない。
  • 海外の大規模な倉庫はWMSを導入しているが、小規模な海外倉庫に関してはシステム化が進んでいない。
    多くがExcelベースの管理となっている。
  • メール等で時差のある拠点から在庫情報を集めることは間違いも多く発生し、その時点での在庫数に違いが生じるため、ほとんど現地に電話で問い合わせを行い判断している。

ソリューション

POINT 1

解決策

複数拠点の在庫を一つのシステムで管理することで、同じ粒度の在庫情報をどこからでも参照可能となります。


POINT 2

解決策

一センター内の在庫情報に関して、保管場所に的確な階層を持たせたロケーションで管理し、「どこに」「何が」 あるかを明確にします。


POINT 3

解決策

必要な在庫補充量や在庫融通方法など、用途に応じた在庫参照画面を活用することで、資産である在庫の有効活用が可能となります。

トータル在庫問合せ

トータル在庫問合せのイメージ

  • 各拠点をまたいだ総在庫数や在庫の状態(良・不良・期限切れ…)を確認。
  • 複数あるセンターごとの在庫数を横並びで参照が可能。

在庫問合せ

現品在庫問合せのイメージ

  • ロットごと、期限日ごと、保管場所ごと、在庫保有の名義ごと、入庫日ごと…など細かいメッシュでの在庫数、引当可能数、引当済み数、在庫の状態を確認。
  • 最新入庫日、最新出庫日、在庫の停滞状況の参照が可能。

受払問合せ

受払問合せのイメージ

処理日(From)から処理日(To)の指定日期間での商品コード単位での在庫数の遷移や、発生したイベント(入庫、出庫、棚卸、在庫調整、移動…)の参照が可能。



このようなお悩みはありませんか?

このようなお悩みはありませんか?

課題

生産終息時、転売を考えていたが、引き取り先が見つからずそのまま在庫し続けた。結果、10年以上動きのない長期滞留在庫となった。
設計変更になり不要となったが、そのままにし滞留在庫になった。
値下げ売却の機会を逃した製品が大量発生した。

ソリューション

解決策

最終入荷日、最終出荷日といった日付情報や在庫品質(期限日や良・不良)、出荷実績や受け払い(波動・トレンドや在庫の荷動き)に至るまでの情報を把握することで、滞留在庫発生の抑止対策と発見後の早期対策が打ちやすい環境を作ることができます。
POINT

滞留在庫が増える要因として、以下のような理由が考えられます。

  • 過剰仕入れ(発注ミスや需要予測ミス)
  • 期限切れ(先入れ先出しの運用が徹底されていない)
  • 廃棄漏れ(全数廃棄や全数移設の指示時の作業漏れ)
  • 定位置管理の不徹底(出荷作業ミス時の棚戻し、積み漏れ等の際、正規のロケ戻しミス)

このようにして発生した売れ残り、期限切れ品、所在不明在庫が、滞留在庫となります。
解決には、正確なロケーション管理に加え在庫の荷動きの可視化と滞留在庫の早期検知が必要となります。




別の課題を見てみる



お問い合わせ お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

電話によるお問い合わせ

03-5634-7296

03-5634-7296

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせ