ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

お客さまのお悩みから見る海外物流センターの課題と解決法

お客さまのお悩みから見る
海外物流センターの課題と解決法

お役立ち情報:お客さまのお悩みから見る海外物流センターの課題と解決法

目次



このようなお悩みはありませんか?

このようなお悩みはありませんか?

課題

ERPの在庫管理機能を使用しているが、棚卸差異が多い。
システム導入で在庫精度を向上させることができると考えていたが、未だに精度が上がらない。

ソリューション

解決策

ERPに正確な情報を集めることによって経営情報の一元管理と活用が可能となります。しかし、在庫管理をERPの機能に頼るだけでは、正確な在庫情報の収集は難しく、また倉庫担当者の業務負担が高まる可能性もあります。
POINT 1

ERPを最大限に活用するためには、在庫管理に関して、倉庫内の課題をしっかり洗い出し、無理なく正確な情報を集める仕組み作りが必要となります。

IT化が進んでいない倉庫は、目視検品や事後入力、転記など担当者による手作業が多く、人的ミスが起こりやすい環境と言えます。
WMSを活用することで、煩雑な倉庫業務が最適化でき、在庫精度・作業精度の向上が期待できます。


効果

  • 在庫精度向上
  • 作業精度向上
  • 庫内業務省人化
  • 物流情報可視化

POINT 2

ERPは、経営に必要なすべての情報を集約して、はじめて効果を発揮するシステムです。
ERPに自然とデータが集まる経理等の業務に比べ、倉庫業務では手作業のため、人為的なミスが発生しやすくなります。

経理、販売、購買、給与業務と倉庫業務における利用環境の違い

そこで、手間を軽減しながら、タイムリーなシステム入力を現場業務に組み込むことが必要となります。デジタル機器を活用すれば、現場のデータを効率的に収集することが可能です。

効果

  • タイムリーで漏れのないシステム入力を現場業務に組み込むことが可能
  • 在庫精度・作業精度が向上

POINT 3

WMS活用により多くの工程で作業負荷軽減が実現できますが、部分的には作業負荷増となる工程が発生することもあります。
全体最適化の観点から、相反するニーズである作業精度向上と作業負荷軽減を実現することで、効率的に在庫精度を高めることができます。

効果

  • 作業負荷を純増させず、部分的に負荷の低減が可能
  • 各種物流業務の精度が向上


目次



お問い合わせ お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

電話によるお問い合わせ

03-5634-7296

03-5634-7296

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせ