ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

多品種・少量出荷品のピッキング作業で
作業効率化・誤出荷防止をお考えのお客さまへ

マルチピッキングの生産性と物流品質を改善するピッキングカートシステムです。

日立物流グループのノウハウから生まれた、DAS付ピッキングカートシステムと重量検品付ピッキングカートを取り扱っています。

*マルチピッキングとは:トータルピッキング後、オーダー単位にバケットに投入する作業方式

*DASとは:Digital Assort System(デジタル アソート システム)の略

*DAS付ピッキングカートシステムは日立物流コラボネクスト株式会社との共同開発商品です。

以下の課題をお持ちのお客さまにピッキングカートシステムは効果的です。

リストピッキングで目視検品のため、ピッキング精度が悪い

ハンディピックを導入しているが、表示できる情報が少なくリストと兼用している

DPS等の備え付けマテハン機器の導入に踏み切れない

作業の平準化を図り、生産性を向上したい

未経験者でも短時間の教育で作業ができるようにしたい

荷主から環境に配慮した物流改善を求められている

DAS付ピッキングカートシステム紹介

  • 複数間口のバケットを搭載したピッキングカートです。
    可変式間仕切りとシステム対応で、オーダー数に応じ、6間口から12間口まで柔軟に変動可能です。
  • パソコン(タブレット)およびバーコードスキャナーを搭載。
    パソコン画面の指示に従ってピッキング作業を行います。
  • デジタル表示器の指示数に従って間口に商品を投入していきます。
  • 本製品をご利用いただくには、連動する倉庫管理システム(WMS)側の対応が必須です。
    このため、当社が提供する倉庫管理システム(WMS)のオプションとさせていただいてます。

ピッキングカート


ピッキングカートのメリット

他の摘み取り集品方法に比較して、下記の点でメリットがあります。

  • 効率的に摘み取り集品の作業を行えるようになります。
  • 誤出荷を減少させるバーコード検品、投入先間口間違い防止などの対策がされています。
  • 台車を使った集品作業と両手が空くことで、落下等による製品破損が減少します。
  • ひとりの作業者が多くのオーダーの集品を行えるのでランニングコスト削減につながります。
  • アイテム数が多く、似たような商品がある倉庫でも、作業効率や物流品質を改善できます。
  • 本製品は、大量出荷がある物流センターにも適合できます。

導入効果

カートに搭載されたパソコン画面の指示に従うだけで、初心者でも簡単にミスなくピッキングが可能です。ピッキング作業の効率を大幅にアップします。

  • パソコン画面で、棚移動からバケットへの商品投入までシステムがナビゲート。
    誰でも作業が可能となり、パートアルバイトの早期戦力化が図れます。
  • 見やすい作業指示で、テンポ良く作業が進み作業効率アップ。
    単色の文字情報だけでなく、色分けした情報で、作業効率化と誤ピッキング減少ができます。
    文字情報に加え、商品の写真や注意点を作業者に表示し、誤ピッキングを減少します。
  • 作業者の熟練度に応じたピッキング作業指示により、バランスよく作業割り当てができます。
  • ピッキングリストの印刷待ち時間、配膳、受け取り待ちが無くなり、作業開始時間が前倒しできます。
  • スキャナー検品により、ピッキング精度が向上。
    デジタル表示器により、投入先バケットの間違えを改善し、誤出荷や作業戻りが減少します。
  • 細かな作業データの取得により、作業分析精度向上が図れます。
    作業終了時に生産性に関する結果を表示。作業者の「やる気」をバックアップします。
  • 印刷に関わるコスト削減とグリーンロジスティクスを実現します。
    夜間充電による省エネにも対応します。

ピッキングカートシステムの特長

  • 多品種・大量出荷品のピッキング作業に適応(4,000品種、8万件/日の作業にも対応可能)
  • ピッキング作業の効率アップ・精度向上と低コスト運用が可能
  • フロアレイアウト、棚間口のマスタ化により、倉庫レイアウト変更等に即対応可能
     → 作業、保管効率向上のための倉庫レイアウト変更のコストを削減
  • 棚の移動からパケットへの商品投入までシステムがナビゲート
     → 誰でも一定の生産性、作業品質を確保
  • 管理機能
     → 作業進捗照会、台車状況照会、欠品一覧照会が可能

ピッキングカートシステムの概要


ピッキングカートシステムを利用した作業の流れ

  1. ログイン後に作業指示データを受信します。

    作業指示データ受信画面

  2. 台車画面に従って使用するバケットを準備します。

    台車画面

  3. フロアマップ画面に作業する列番号、棚番号が表示されます。

    フロアマップ画面

  4. ピッキング画面の棚の間口図に数量が表示されます。
    ※作業者は棚番号、間口番号のみ見て作業します。

    ピッキング画面


    商品をピッキングし、バーコードをスキャンすると、投入するバケットのランプが点灯、数量が表示されます。商品投入後、ランプを押して次作業へ移ります。

    ピッキングカート写真

  5. すべての集品が終了すると、作業評価画面が表示されます。
    最初の目標時間に対して、実際に掛かった作業時間、生産性が表示されます。
    評価データは個人別にサーバに蓄積され、作業改善につなげられます。

    作業評価画面

重量検品付ピッキングカートシステム紹介

  • 複数のボックスコンテナを搭載可能なピッキングカートです。
  • 画面の指示に従いピッキング作業を行います。
  • 搭載されたハカリが、コンテナに投入された商品の重量を計測。
    商品マスタ上の重量との比較により検品を行います。

お問い合わせ お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

ピッキングカートに関する資料請求・お問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

電話によるお問い合わせ

03-5634-7296

03-5634-7296

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせ