ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

物流センター管理システム(ONEsLOGI/WMS)の入庫・入荷業務イメージと業務改善例についてご紹介します。

入荷・入庫業務のポイント

入荷業務のポイント … 正確な数量を把握する

在庫が合わなくなる原因の一つである、入荷時の数量間違い。間違えの主な要因は、

  • ロット別や期限別で同じ商品の数量を把握しなければならない商品を扱っている
  • 分納対応、入荷予定と異なる数量での入荷などイレギュラー対応がある
  • 入数を間違えやすい商品を扱っている。同一商品でケースとバラ両方の入荷がある
  • 入荷時に汚損などによる不良品がある

入庫業務のポイント … ロケーション管理の強化

入庫作業では、保管効率を意識した上で、出荷作業時の動線を最短にするように格納するのもポイントの1つ。 また、出荷作業時に現品が不足したり、商品が見つからなかったりといったトラブルを防止するのは、入庫作業の精度も関係しています。 これらの課題解決には、システムを活用したロケーション管理の強化が必要です。

返品業務のポイント … 業務改善とシステムの対応

季節商品を扱う業界や商品の入替が多い業界では、返品業務の効率化も課題です。通常の納品と異なり、物量の事前把握が難しいことや、ひとつの段ボールに複数の商品が詰め込まれて返品されるなど、現場の負担が大きい作業です。
これらの課題解決には、作業方法の改善とシステム側の対応の二面で対策が必要になります。

物流センター管理システム(ONEsLOGI/WMS)で、これら入荷/入庫に関する課題を解決する方法についてご紹介します。

業務の流れ

一般的な入荷から入庫までの業務でハンディターミナルを使った検品を行うパターンで紹介します。

入庫・入荷

  1. 入荷予定データを取引先や上位システムから受信します。
  2. 商品が到着したら、システムに入荷受付を登録、作業に必要な帳票の出力を行います。
  3. 入荷バースにおいて、ハンディターミナルを使って、商品の入荷検品を行います。
    入荷予定リストのバーコードをスキャン→商品バーコードをスキャン→数量入力
  4. 過剰入荷、数量不足の場合は、必要な対応を行います(受け入れ、仕入れ戻しなど)
  5. 実際の入庫ロケーションに商品を保管エリアに移動します。
  6. 入庫する商品のJANコードと、ロケーション番号を示すバーコードを読み取り後、数量を入力して、商品と格納場所(ロケーション)を紐付ます。
  7. 作業終了後、事務所において未完了入庫の処理を行った後、入庫確定をし在庫に計上します。入庫実績を取引先や上位システムに送信します。

ハンディターミナルを使う業務のイメージ

入荷検品

入庫する商品のバーコードを読み取る→在庫区分、数量、ロット番号や期限日を入力する
期限日が過ぎているものや検品した数が予定数と合わないものは警告を出します

入荷検品

入庫格納

格納する商品のバーコードを読み取る→格納先のロケーションのバーコードを読み取る→入庫格納する数量を入力する

入庫格納

対応する格納パターン
  • 入荷検品→画面で入庫計上(本棚格納)
  • 入荷検品→画面で入庫計上(仮棚)→ハンディターミナル(H/T)で在庫移動(本棚格納)
  • 入荷検品→H/Tで入庫計上(仮棚)→H/Tで在庫移動(本棚格納)

オペレーション

パソコン画面での操作に加え、ハンディターミナルでの入庫作業にも対応

画面イメージ

メニュー画面( *サンプル画面にはパッケージで提供されないオプションが含まれています )

メニュー画面イメージ

入荷一覧画面

入荷予定データならびに実績データを一覧表示する画面です。
入荷作業の進捗管理、作業の状況を確認しながら次の作業指示の実行や作業応援ができます。
無線ハンディターミナルを利用すれば、リアルタイムに倉庫作業の進捗状況を確認できます。

入荷一覧画面イメージ

入荷予定リスト

入荷作業をするための作業リストです。本リストをもとに、入荷する商品の確認をしていきます。
ハンディターミナルで入荷検品をする場合、作業ナンバーのバーコードをスキャンして作業します。
発行済のピッキングリストの再発行では、リストに「再」を印字し、誤作業を防止します。

入荷予定リスト

物流センター管理システム(ONEsLOGI/WMS)による入荷・入庫業務改善(例)

入荷限界の管理

期限日管理の必要な商品の場合、入荷検品の時に、入荷許容日を超えていることを警告することが可能です。
このようなチェック機能により、期限日やロット管理の強化が図れます。

入荷限界の管理

入庫ラベルでの運用

入庫ラベルや汎用ラベルを使った庫内作業の効率化をサポートしています。
入荷時に発行したラベルを商品のケースやパレットに張り付け、出荷までの倉庫作業を行うことで、期限管理やロット管理の強化による誤出荷防止、作業生産性の向上を実現します。

入庫ラベルでの運用

入庫業務のポイント2

推奨ロケーションの表示

商品ごとの推奨ロケーションが設定できます。
荷姿(バラ、ケース)ごとにも、推奨ロケーションが設定できます。
推奨ロケーションを活用することで、出荷作業時に動線が短くなるロケーションを優先的に使用するなどの改善が図れます。

推奨ロケーションの表示

固定ロケーション、フリーロケーション管理の強化

物流センター管理システム(ONEsLOGI/WMS)は、
フリーロケーション、固定ロケーション、フリーロケーション+固定ロケーション
に対応しています。
保管効率と作業効率の両面から改善が図れます。

入庫業務のポイント1

お問い合わせ お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

物流センター管理システム(WMS)に関する資料請求・お問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

電話によるお問い合わせ

03-5634-7296

03-5634-7296

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせ