ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

物流センター管理システム(ONEsLOGI/WMS)の在庫管理/棚卸業務のイメージと業務改善例についてご紹介します。

在庫管理・棚卸業務のポイント

内部統制から見た在庫管理、棚卸業務

在庫管理の基本は、正確な在庫数と在庫の状態を把握し、在庫変動の記録を取ることです。

倉庫管理システムでは、商品の荷姿(ケース、ピース)、良品/不良品/検査待ちなど商品の状態、ロットや期限管理など、さまざまな情報を付加された在庫管理が求められます。
正確な在庫数の把握は、棚卸作業により現品とシステム上の個数の一致をさせる必要があります。
期末に出荷作業を止めて、他部署からの応援要員と棚卸作業というのもよくあること。 日々のピッキング作業前に棚卸を行い、バックヤードからピッキングエリアに補充作業を行う現場もあります。
棚卸の効率化が物流改善のポイントの1つになります。
内部統制では、いつ、誰が、どのような理由で在庫を変動させたのか記録することも必要です。

出荷停止の対応について

「出荷する商品に不良品が発生した」「荷主からの連絡で出荷を中止したい」さまざまな理由で発生する出荷停止。
出庫指示時、検品時、運送業者引き渡し前後の各タイミングで確実に出荷停止できることも物流品質向上で重要なポイントです。

物流センター管理システム(ONEsLOGI/WMS)で、これら在庫管理/棚卸に関する課題を解決する方法についてご紹介します。

業務イメージ

在庫管理

本システムの在庫管理機能について、ご紹介します。

メニュー画面イメージ

物流センター管理システム(ONEsLOGI/WMS)は、現品在庫と商品在庫(帳簿在庫)が管理可能です。
本システムにおける商品在庫は、商品コード単位の在庫を管理します。
現品在庫は、ロケーションなど倉庫で必要となる管理単位ごとの在庫管理になります。
この2つの管理方法を使うことで、現品の在庫管理を徹底するだけでなく、在庫の仮引き当てや商品単位の荷動きを把握するといったニーズにも対応できます。
在庫は「在庫問い合わせ」画面を中心として在庫調整・在庫移動を行うことが可能です。
在庫問い合わせ画面と受け払い問い合わせ画面がシームレスに連携し、在庫変動の確認が容易に可能です。

在庫管理

棚卸業務

一般的な棚卸業務を、棚卸作業リストで行うパターンでご紹介します。

棚卸業務

  1. 棚卸データ作成画面で。棚卸作業リストを発行します。
    循環棚卸、一斉棚卸に対応。循環棚卸では、さまざまな条件設定で棚卸作業リストを作成できます。
    本システムでは、棚卸作業リストへの在庫数の表示/非表示が選択できます。
  2. 棚卸作業リストを元に現品在庫の個数確認を行います。
    数えた個数をリストに記入します。
  3. 記入が終わった棚卸作業リストは事務所にて、棚卸結果の入力を行います。
  4. システム上の在庫数と合わなかった商品は、在庫差異リストに出力されます。
    在庫差異リストは、ロケーション順、商品順の2種類が出力可能です。
  5. 在庫差異がある商品は、再度、現品の数を確認し、数え間違いがないかチェックします。
    差異が発生した理由を把握し、在庫調整を行って棚卸確定をします。
    本システムでは、変更した個数、在庫に対する処理区分、差異理由を記録します。
  6. 本システムでは、棚卸実績リストの出力、棚卸履歴検索などもできます。
    バーコード・ハンディターミナルを使用した棚卸作業にも対応しています。
    より一層の棚卸作業効率化が可能な音声認識物流システムやタブレットを使ったシステムもオプションで用意しています。

棚卸入力画面

棚卸差異がある場合は、在庫調整画面が起動できます。
これにより、効率的に棚卸結果を入力できます。

棚卸入力画面イメージ

棚卸作業リスト

コンピューター上の在庫数の表示/非表示の制御ができます。
棚卸入力済みのデータは棚卸作業リストに出力されません。

棚卸作業リストイメージ

物流センター管理システム(ONEsLOGI/WMS)による在庫管理・棚卸業務改善(例)

トレーサビリティの実現

「回収対象となった商品の出荷先をすばやく把握したい」このニーズに対応するのが、「現品受け払い問い合わせ」画面でのロット番号や期限日などを条件指定した検索です。
この画面では、「いつ、誰が、どのような理由で在庫を変動させたのか」も調べられます。

出荷停止の対応

出庫指示時、検品時、運送業者引き渡し前後の各タイミングで出荷停止できます。

  • 出庫指示時
    商品単位、取引先単位、ロケーション単位で出荷停止(欠品処理)
  • 検品時
    出荷停止の商品が含まれていた場合、検品作業を停止します
  • 出荷確定時
    出荷停止の商品が含まれていた場合、出荷確定ができなくなります

BtoB、BtoCへの対応

店舗向けと通販向けの在庫管理と出荷業務。物流特性の違いから、在庫から店舗用と通販用の2つに分けているお客さまも多くいます。
物流品質や作業の効率化の視点では適切な方法ですが、保管スペースや適正在庫の視点ではベストとは言えません。
この課題は、日立物流グループのノウハウと物流センター管理システム(WMS)の補充機能を活用。物流品質、効率化、適正在庫の3つをクリアする業務改善を実施しました。

アイテム数の多い倉庫での棚卸作業効率化

アイテム数の多い倉庫(例えば部品倉庫や日用雑貨を扱う物流センター)は、棚卸作業の効率化が重要な物流改善テーマです。
倉庫管理システム(WMS)の導入により在庫差異が減少した倉庫では、循環棚卸の方式に移行することで、棚卸作業の効率化・平準化が可能になります。

お問い合わせ お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

物流センター管理システム(WMS)に関する資料請求・お問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

電話によるお問い合わせ

03-5634-7296

03-5634-7296

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせ