ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

物流センター管理システム(ONEsLOGI/WMS)

パッケージをベースとした倉庫管理システム(WMS)

物流改革成功には、“改善ポイントを熟知した技術者”と
“実績豊富なシステム”が不可欠です。

  • 物流現場で培われた経験と実績を集結した倉庫管理システム(WMS)を提供
  • 改善ポイントを熟知した技術者が生産性向上と誤出荷防止などの物流品質改善を高度に両立
  • さまざまな業種に対応する高機能な倉庫管理システム(WMS)を低コストで提供

日本の3PL分野での先駆者である日立物流グループ。
その豊富な物流現場で熟成された倉庫管理システム(WMS)をパッケージやテンプレートで提供します。
生産性向上と物流品質改善に取り組む多くの物流現場、多種多様な荷主企業、先端技術を使った物流改善への取り組み。
これらの全てが、物流センター管理システム(ONEsLOGI/WMS)に活かされています。

製品概要

生産性向上と物流品質改善の高度な両立を実現する倉庫管理システムをご紹介

ONEsLOGI/WMS基本機能

拡張性、多様性、専門性が強みです

拡張性

WMSだけでは達成できなかった『倉庫業務のさらなる効率化』を実現するため、
分析/最適化ツールや周辺機器との連携に対応しています。

長年、総合物流業の日立物流をITで支えてきた経験は、
国内・海外の倉庫管理だけでなく輸配送から輸出業務までカバーするIT製品の
品ぞろえにつながっています。

多様性

さまざまな業種業態の物流業務に対応してきたことが、
『多様な業種・業態に適合できる倉庫管理システム(WMS)』に活かされています。

  • メーカー物流/物流/卸/小売、日用雑貨/医薬/アパレルなど
  • 倉庫の業務形態(在庫型センター(DC)、通過型センター(TC)、クロスドックセンター(XD))

専門性

3PLの現場で求められるのは「生産性の向上と誤出荷防止など物流品質改善」の高度な両立。
日立物流グループが長年の経験で培った物流業務のノウハウで、生産性と物流品質の両立を実現しました。

600社を超える企業の導入実績で濃縮されたノウハウを持つエンジニアが現場視線で開発しています。

業種・業態別倉庫管理機能

お客さまの取り扱う商品の物流特性に適応した入出庫在庫管理、倉庫管理機能を、低コスト、短納期で提供します。

  • 各業種に必要な管理項目を網羅した基本モジュール
  • 周辺モジュール(テンプレートや部品)による機能拡張
  • 蓄積された物流ノウハウを活用したアドオン開発

業種・業態別在庫管理

周辺機器による機能拡張

  • タブレット・スマートフォン・音声物流システムを活用しピッキング作業や棚卸作業を改善
  • 事前のリスト出力・仕分け時間がなくなることにより、作業時間の短縮を実現します。
  • ペーパーレス・消耗品のコスト削減により、グリーンロジスティクスを実現します。

音声物流システム

高品質で柔軟性の高いシステムの理由「継続的な機能拡張と3PLのノウハウで進化」

継続的な機能拡張と3PLのノウハウで進化した理由

6つの特長と実現できることのご紹介

特長1 「集中型システム」で「1システム複数拠点管理によるITコスト削減」を実現

  • 複数のセンター、荷主情報を一元的に管理
  • 保管型物流センター(DC)と通過型物流センター(TC)の統合運用可能

特長2 「豊富な業務パターン」で「導入コストの低減」を実現

  • 企業間物流、個人消費者向け配送、商品特性に応じた業務に対応
  • さまざまな在庫管理項目、ピッキング方式に対応

特長3 「作業の見える化」で「現場管理支援、分析力強化、作業効率向上」を実現

  • 入出庫作業の作業進捗をリアルタイムで可視化することで、庫内作業の効率化を支援
  • 入荷状況、業者別出荷状況の把握により、タイムリーな作業指示が可能

特長4 「きめ細かい商品・在庫管理」により「出荷業務の精度および物流品質の向上」を実現

  • 商品ごとに製造ロット、期限日管理。出荷作業における在庫引当優先順位のコントロールが可能
  • 届け先品目単位、物流拠点単位に最新の製造ロット・期限日を管理。出荷事故を防止

特長5 「さまざまなデバイスに対応」し現場作業支援による「経費削減および作業効率向上」を実現

  • 商品特性、取扱単位、物量など現場の運用シーンに応じて最適なデバイスを提案
  • ピッキング用途に応じたメニュー(単店/マルチピッキング他)を多数保有し、さまざまなニーズに対応

特長6 「豊富な周辺ソリューション」で「物流業務の拡張をサポート」

  • 在庫可視化ツールなど分析系ツール、最適化ツールと連携
  • 輸配送管理システム、輸出入関連システムなど物流ITソリューションの取りそろえ
  • タブレット端末、ピッキングカートなどお客さまの業務に適した周辺機器と連携

複数拠点・荷主の在庫管理

複数の拠点倉庫・複数荷主の在庫情報を一つのシステムで一括管理ができます。

複数拠点・荷主の在庫管理

多言語対応のWMS

  • パッケージの標準機能として3ヶ国語(日本語・英語・中国語)表示に対応
  • 表示する言語は、担当者ごとに設定することが可能

多言語対応(日・中・英)

入出荷作業の進捗管理

  • 業務ごと(入荷/出荷/棚卸/補充)の進捗状況を表示します。
  • 出荷作業の進捗状況を配送業者別に表示するなど、さまざまな視点から進捗状況が把握できます。
  • 作業遅延への適切な対応が、可視化により実現できます。

在庫の受け払い管理

  • 論理在庫問い合わせ画面から現品在庫問い合わせ画面、商品受け払い問い合わせ画面に遷移できます。これにより在庫総数、ロケーション別在庫数、商品の荷動きを可視化します。
  • 誤ピッキング対策を始めとした物流品質改善に活用できます。

在庫の受け払い管理

セキュリティ対策強化

配送先の情報を扱う物流現場では、セキュリティ対策や内部統制の強化は必須です。

  • 不正アクセスを防止
  • 使用レベルに応じた権限の管理

セキュリティ

ピッキングカートシステム紹介

  • 多品種、少量出荷品のピッキング作業に適応。動線の改善による作業効率化により大量出荷にも対応可能です。
  • ピッキング作業の効率アップ・精度向上と低コスト運用が可能です。
  • フロアレイアウト、棚間口のマスタ化により、レイアウト変更等に対応可能です。

ピッキングカートシステム

主要な機能のご紹介(入荷、出荷、在庫管理、棚卸)

入荷業務

ロケーション管理 フリーロケーション、固定ロケーション対応。
ロケーションごとに区分管理、在庫引当を制御。
荷姿対応 ケースとピースに標準対応
入庫ナンバー管理対応 入庫単位での商品管理(移動、検品など)が可能

出荷業務

ピッキング
  • トータルピッキング+種まきピッキング
  • トータルピッキング+摘み取りピッキング
  • オーダーピッキング
  • マルチピッキング(複数出荷先をまとめてピッキング)
梱包計算 容積に対応
補充 緊急補充、定期補充に対応

在庫管理

現品在庫と
論理在庫の管理
論理在庫は、荷主/センター/商品/在庫区分/預託区分で在庫管理。
仮引当にも対応。
在庫管理キー 荷主、センター、ロケーション、商品、ロット、期限日、在庫区分、
預託区分、入荷日、入庫ナンバーに対応
在庫指定引当 ロット指定引当、期限日指定引当、ロケーション指定引当に対応
在庫引当順の制御 期限日逆転防止に対応
欠品時対応 案分引当に対応

棚卸

対応パターン
  • 全棚
  • ロケーション、ゾーン範囲指定による棚卸
  • 循環棚卸

その他の機能

多言語対応 担当者ごとに言語選択可能(日本語・英語・中国語)
セキュリティ ID/パスワード認証、パスワードの期限設定、システムの利用権限設定
可視化 配送業者別の作業進捗の表示ほか、さまざまな視点で倉庫内の進捗管理が可能

主要な導入効果をご紹介します

品質向上、時間短縮、コスト減、サービス向上を実現します

入出荷作業の時間短縮、正確化

出荷終了時刻の短縮、受注締め切り時間の後ろ倒し

緊急出荷への柔軟な対応、物量変動への対応力強化

リードタイムの短縮、適正化

誤出荷の減少、先入れ先出しの徹底、期限管理の精度向上

在庫管理精度の向上、欠品の削減、在庫適正化、棚卸差異の減少

生産性の管理や物流改善への活用

3PL事業拡大を支援、グローバル事業拡大を支援

物流費、梱包資材、リスト(紙)の削減

属人化の排除、パート・アルバイトの活用

最新導入事例からお客さまの効果をご紹介

(機械メーカー)

  • 複数拠点の在庫を一元管理し、在庫圧縮、不良在庫削減を実現
  • 現場作業が正確になり、作業効率が向上
  • 納品までのリードタイム短縮を実現

(電子部品製造業) - グローバルWMS

  • 在庫可視化による在庫量適正化、物流費削減
  • システム集約による、システム開発費/維持費の削減

(アパレル製造卸業)

  • 複数種類のバーコードに対応し、入出荷精度の向上、検品時間の短縮を実現
  • 作業効率の向上を実現

(機械卸・米国法人)

  • 個体情報のリアルタイム管理
  • 倉庫内作業の精度向上
  • EDI連携による作業効率向上

(食品流通業)

  • ロケーション管理機能により、倉庫内オペレーションの大幅な合理化・省力化
  • 在庫数のリアルタイム把握
  • 棚卸作業の大幅な省力化による物流コスト削減

(総合小売業:食品、生活雑貨等) - 統合WMSの導入

  • フレキシブルな在庫引き当てにより欠品が低減
  • 在庫可視化による在庫適正化、欠品低減、鮮度向上
  • システム維持費の削減

(物流業:ネット通販取り扱い) - フルフィラメントサービス向けWMS

  • 3PL事業拡大に貢献
  • 柔軟な倉庫作業が可能になった
  • 荷主・ストア単位での在庫管理・請求・棚卸作業を実現

当社は、600社を超えるお客さまの物流システム開発を行っています。
豊富な実績の中から、お客さまの課題を解決する事例も含めご紹介いたします。

ローレルバンクマシン株式会社 様

ローレルバンクマシン株式会社 様

ローレルバンクマシン株式会社 様
物流革命の一環として、部品供給体制の強化とコスト削減をONEsLOGIで実現しました。
コマツ(株式会社小松製作所) 様

コマツ(株式会社小松製作所) 様

コマツ(株式会社小松製作所) 様
世界中の工事現場で活躍する機械の部品供給体制を強化するため、倉庫の共通インフラとして、ONEsLOGIを選びました。
アシックス物流株式会社 様

アシックス物流株式会社 様

アシックス物流株式会社 様
物流コストやシステム拡張・追加にかかるコストを算出し、ROIを見極めながらシステム投資の判断ができるようになりました。将来的には物流KPIも検討。
家庭紙総合商社 様

家庭紙総合商社 様

家庭紙総合商社 様
出荷検品システムの導入と業務フローの提案で、納品先の物流改革に対応。

お問い合わせ お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

物流センター管理システム(WMS)に関する資料請求・お問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

電話によるお問い合わせ

03-5634-7296

03-5634-7296

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせ

関連ソリューション

クラウド型倉庫管理システム

クラウド型倉庫管理システム

クラウド型倉庫管理システム
物流現場で培われた物流改善ノウハウを結集した入出荷・在庫管理システム(WMS)を短期間・低価格で導入可能なクラウドサービスでご提供します。
TMS

TMS

TMS
輸配送管理に必要なさまざまの機能を準備。お客さまのニーズに応じて 機能の組み合わせを行い、最適なソリューションとして提供します。
輸出入管理システム

輸出入管理システム

輸出入管理システム
輸出入業務のように、企業によって業務の範囲・内容・流れが 異なり、求められる機能が変化する業態には テンプレートの活用がおすすめ