ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

ロボティクス/WMS+ロボットでシナジーを生む

最新技術が物流現場を変革

アナリティクス、AI、IoT、ロボティクス、ビッグデータ、協創

省人化:次世代ソリューションは物流基幹システムがコントロールすることで真価を発揮します。特にロボットはWMSとの連携によってシナジーを生み省人化に結びつきます。

物流現場の自動化、省人化に貢献

S-CART、サウザー(THOUZER)

「ONEsLOGI」とロボットを“つなげる”

日立物流ソフトウェアでは、WMSとAGV(自動搬送装置)との連携を研究・開発しており、マルチAGV化をめざしております。

サウザーとWMSとの連携(ピッキングの場合)

  • WMS側から無線でロケーション情報をサウザーに送ります。
  • サウザーから無線で走行・停止情報を返します。

サウザーとWMSとの連携イメージ

    サウザーはWMSの指示通りに経路を単独走行。
    無人での貨物搬送も実現します。

  • 「追従」や「ライン走行」に加えて、
    ハイウェイ方式によって「分岐」や「停止」、「Uターン」が可能になります。
  • ※ハイウェイ方式とは、無人ライン走行の機能を「バーコードマーカーの認識」「IoT対応」「環境認識」によって拡張することで、ライン上の目的地へ移動できる新機能。

利用イメージ

ピッキングエリア、仕分・出荷エリア

2019年9月、ベータ版リリース

さまざまな利用シーンとロボットを“つなげる”

日立物流ソフトウェアでは、さまざまなご利用シーンに対応すべくパートナー企業さまと連携し、ロボティクスソリューションをご提案しております。

シャープ株式会社 「自動搬送ソリューション」

製品

・有軌道タイプと、磁気テープ不要な無軌道(ガイドレス)タイプを両方ラインアップ

ガイドレスAGV XF-100

低床ガイドレス XF-100

有軌道AGV TYPE A(超小型)

有軌道AGV TYPE A(超小型)

有軌道AGV TYPE B(長時間駆動型)

有軌道AGV TYPE B(長時間駆動型)

有軌道AGV TYPE C(低床重量牽引型)

有軌道AGV TYPE C(低床重量牽引型)

用途例

飲食店で、配膳・下げ膳の搬送に活用

配膳・下げ膳の自動配送

倉庫・工場でのオリコン・カゴ車・パレットの搬送に利用

倉庫・工場でのオリコン・カゴ車・パレットの搬送に利用

日本電産シンポ株式会社 「S-CART」

製品

S-CART:搬送重量100kg

S-CART:搬送重量100kg

S-CART1000:搬送重量1000kg

S-CART1000:搬送重量1000kg

オプション

コンベアパッケージ(搬送重量80㎏)

S-CARTコンベアパッケージ

牽引パッケージ(搬送重量200㎏以下)

S-CART牽引パッケージ

さまざまなシステムとロボットを“つなげる”

日立物流ソフトウェアでは、WCS(設備の自動制御システム)を開発しており、マテハン機器と基幹システムやWMSをはじめとするシステムとの連携を広めております。

株式会社日立インダストリアルプロダクツ 小型無人搬送ロボット「Racrew」

製品

配膳・下げ膳の自動配送

用途例

配膳・下げ膳の自動配送

グローバルでのロボティクスの取り組み
Global Robotics Initiatives

日立物流ソフトウェアでは中国・アメリカの現地法人においても、AGV(自動搬送装置)、AMR(自律移動ロボット)をはじめとする物流ロボットメーカーと連携し、新技術を 推進しております。
Hitachi Distribution Software Co., Ltd.‘s Chinese branch and American branch are promoting new technologies in cooperation with logistics robot manufacturers such as AGV and AMR.

アメリカ現地法人「Sunrise Logistics Solutions (America), Ltd.」の販売実績
Sales Results of American branch(Sunrise Logistics Solutions (America), Ltd.)

PASSION MOBILITY社(台湾)「台車型運搬ロボット『Ukart』」
Dolly type transport robot (Ukart made by PASSION MOBILITY(Taiwan))

    ※日本市場における商品名は「Forolley」
    The product name in the Japanese market is "Forolley".

  • 自動車製造業の部品製造工場内で追従方式を用い、部品製造ラインへの部品搬送に使用されております。
    (2020年2月時点、実証実験中)
    It is used in automobile parts manufacturing plants to transfer materials to the manufacturing line using a tracking system.
    ( As of February 2020, under the demonstration experiment )

PASSION MOBILITY社(台湾) 台車型運搬ロボット「Ukart」

特長(Features)
  • 多目的台車(ロボット)
    Multipurpose cart (transport robot )
  • リモコン、自動追尾、マーチング、通常の台車として使用
    Can be operated autonomously with track/march modes, via remote control, or as a normal dolly.
  • 通常の台車と変わらないサイズ
    Same size as a normal dolly
  • 導入費用:安価
    Installation cost : Reasonable
  • バッテリー交換時間:1分間
    Battery removal and installation time : 1 minute

自動追従(Automatic tracking)

自動追従

レーザーセンサーで追従対象を区別
Determine what to track with the laser sensor

マーチング(Marching)

マーチング(行進)

マーチングモードも可能
Marching mode is also possible

リモコン(Remote control)

リモコン

センサーがリモコンになり、リモコン操作も可能
Remote control operation with sensor is possible

スペック(Spec)
本体サイズ(Size) L75cm x W60cm x H80cm
本体重量(Weight) 15㎏ (バッテリ搭載時)
15㎏ (When equipped with a battery)
航続時間(Continuous use time) 最大8時間
8 hours (Max)
最大積載(Maximum loading) 150Kg
走行速度(Speed) 最高5.4 km/h
5.4 km/h(Max)
最大傾斜(Slope) 6度(150Kg積載時)
6°(Max)
最小回転半径(Turning radius) 700mm
700mm(Min)

*本掲載内容は、Sunrise Logistics Solutions (America), Ltd.の販売事例となります。
This is a sales case for Sunrise Logistics Solutions (America), Ltd.
*2019年7月時点、Sunrise Logistics Solutions (America), Ltd.ではアメリカ国内での利用を目的とした販売のみとなります。
As of July 2019, sales are limited to the United States.

プレゼンテーションルーム

お問い合わせ お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

ERP(SAP® ERP)開発に関する資料請求・お問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

電話によるお問い合わせ

03-5634-7296

03-5634-7296

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせ