ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

人を越えるWMS(倉庫管理システム)を創りたい

人を越えるWMS(倉庫管理システム)を創りたい

入社の経緯は?

専門学校では、エアライン科で英語やサービスを学びました。もともとキャビンアテンダントをめざしていたのですが、人と関わるのが好きで交渉を伴う営業職にも魅力を感じていました。当社の面接では営業職が第一志望と伝え、選考に進みました。また、当社は、ただモノを売るのではなく、お客さまの課題を聞いて商品の形を変えることができる、お客さまの運用に合わせてカスタマイズしていく、無限の提案ができる点がおもしろいと感じて入社しました。

現在、どのような仕事を担当されていますか?

私はSCMシステム営業部に所属しており、お客さまに当社のソリューション「ONEsLOGI」のご紹介・提案をSEと一緒に行っています。またソリューション提案だけではなく、サーバ、パソコンなどのハードウェアや自動追従型ロボット、時には他社製品を併せて販売することもあります。
営業は「会社の顔」として見られる存在として、お客さまとのこれからの関係性を構築していく重要な役割を担っています。私は、営業の仕事はいかにお客さまをときめかせる提案ができるかがポイントだと思っています。

一日の流れ

仕事の上で大切にしていることは?

嘘をつかないことです。営業はハッタリ8割、と言われることもありますが、私はお客さまにとって一番いいものをお届けしたい、という想いがあるので正直に、難しいと伝えるようにしています。どんな製品でも、良い面だけでなく、改善すべき面もありますが、その改善点をお客さまから率直に言っていただけるような関係性をつくることが大切だと思っています。お客さまのニーズを見極めて自分らしく営業活動をすること、また女性ならではの視点も大切にしています。

やりがいは何ですか?

お客さま先で喜ばれた時が一番嬉しいです。「このようなシステム内容でいかがですか?」と提案したときに、「それがいいね!」と。想いが通じ合ったと感じた瞬間にやりがいを感じます。中でも忘れられないのは、自分が初めて担当した案件でお客さまに受注をいただいた時です。初めて営業としてこの会社に貢献できたと思えた瞬間は、嬉しかったですし、いちばん印象に残っています。また、いつも上司や先輩に支えてもらっているので、その方々から認めてもらったり頼られていると思えた瞬間はやりがいを感じました。

今後の目標は?

今は嬉しいことに引き合いも増えてきました。今後は、与えられた営業目標を達成すること。そして、もっと物流やITを勉強して、一人ひとりのお客さまに合わせた提案ができるようにしていきたいです。

システムに興味があって、好奇心旺盛で人と話すのが好きな人が向いてると思います。私は、ITの知識がないまま入社しましたが、上司や先輩にいつも助けていただいています。安心して働ける環境が整っているので、ぜひ、一緒に働きましょう。

ENTRY INFO