ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

日立物流ソフトウェアでは、人こそ財産と考えています。

実務に即した「物流×IT」を学べる研修制度

日立物流ソフトウェアの新入社員研修は、ビジネスマナーから物流現場実習まで約3ヶ月間かけて行います。まずは、社会人としてのマナーを学び、事業内容、経営理念、会社規則などを理解します。そして、基礎的な物流とITの知識を習得します。さらに、物流現場実習や、プログラミング演習を通し、実務に即した「物流×IT」を学べる研修制度です。

配属後は、新入社員1人ひとりにチューター(指導・相談役)をおき、新入社員のレベルに応じた指導を行います。

キャリア採用の方は、経験に応じて研修を受講していただきます。
第二新卒の方にも専用のカリキュラムをご用意しています。

研修体系

「専門」「階層」「自己啓発」の3つのコースを受講していただきます。

資格取得支援

下記の資格取得者には、インセンティブ制度があります。

  • ITパスポート
  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者 他、高度情報処理資格
  • TOEIC(当社の指定したスコア)
  • 英語検定(2級以上)
  • Oracle Master
  • AWS(Amazon Web Services)認定(各種)
  • 日商簿記検定(2級以上)  他