ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

入社してから、どう自分の得意技を磨き上げていくのかが重要

日立物流ソフトウェアへ入社した経緯を教えて下さい

情報システムの専門学校に通っていたので、自然とSEの仕事に就こうと考えていましたが、就職活動中は特に分野を決めていたわけではありませんでした。当社の会社説明会に参加したのがきっかけとなり、物流システムに興味を持ったので入社に至った、というのが正直なところです。これも何かの縁ですね。学生生活は、専門学校とコンビニエンスストアでのアルバイトが中心の生活でした。学校でのシステムに関する勉強だけではなく、アルバイトから学ぶことも多かったです。当たり前に商品が納品されるのは物流システムがあってのことですし、商品を買いにいらっしゃるお客様とのやり取りを通り一遍な対応ではなく、どう接することがその人にとって良いのかを常に考えていたことは、社会人になってからのお客様との接し方に根付いています。そう考えると以前から物流システム開発と程近いところで生活していたのだと思えます。

現在は、どのような仕事を担当していますか

システム開発・運用の後方支援業務を担当しています。後方支援という業務には、お客様のシステムにトラブルが発生した際に担当SEをサポートする支援業務を始め、パッケージソフトの設計や開発、新しい技術や標準的な規格を学んだりする研究・開発のような業務も含まれます。特に近年は、タブレット端末やICタグといった先進技術の活用や標準化技術・規格などへも力を入れて研究・開発に取り組んでいる為、世の中のITの動向や最新技術には興味を持って調べることを意識しています。

顧客と真剣に向き合うことで深めた自信

入社したばかりの頃は初めて経験する仕事の連続で、続けていけるかどうか不安に思うこともありました。しかし、『習うよりも、慣れろ』という言葉の通り、時間の経過に伴い自信も付いてきましたし、仕事の面白みも感じられるようになってきました。とりわけ、歴史のある大手企業の新しい倉庫システムを構築した経験は今でも印象深いです。そのお客様からは、『先進的なシステムを構築したいけれど、これまでのやり方は変えたくない』という、一見矛盾した要求を突きつけられ、まさに侃々諤々と意見を戦わせたのを覚えています。その結果お客様に納得して頂き高い評価を頂けたことで、今までの苦労が達成感に変わることを知りました。お客様のビジネスへの貢献が自分の喜びに繋がっていることを、身を以って実感した思い出です。

ロジスティクスの可能性を広げる

後方支援や研究・開発の結果が、お客様や会社の役に立ったという言葉を聞けたときには大きな喜びとなります。今後は、先進技術や標準化技術を取り入れながら日立物流ソフトウェアならではと言えるような『ロジスティクスの可能性を広げる』システムを開発していきたいと思っています。当然ですが、開発には私だけではなく、沢山の人が関わってきます。関わる皆が、『仕事し易く、動き易い』そんな環境作りも大事にしていきたいです。

学生へのメッセージをお願いします

SEを目指す学生さんの中には、私のような理系出身の方もいれば生粋の文系出身の方もいるかと思います。当社では学生時代にシステムの勉強をしていようがいまいが、入社した時には全員同じスタートラインに立つことが出来ます。そこからどう頑張るのか、どう自分を磨き上げていくのかを考えて恐れずチャレンジしていくことが、想像するSE像に近づく近道だと思います。