ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

生活の中で仕事の成果が垣間見える だから物流は面白い

日立物流ソフトウェアへ入社した経緯を教えて下さい

学生の頃はスポーツに打ち込んでいて、卒業後はスポーツトレーナーの仕事に就きました。ですが、プロアスリート向けのトレーナーになることは狭き門で、だったら同じように手に職をつけ将来に渡って長く続けられる仕事に就きたいと考え転職を決断しました。物心ついた頃から自宅にあるコンピュータでプログラミングをしてゲームを作ることが好きだったこともあり、そんな好きなことを生業とするSEになるべくソフトウェア開発会社へ転職。その後、縁あって日立物流ソフトウェアに入社することになりました。

現在は、どのような仕事を担当していますか

今はグループ会社の情報システム部門に常駐して、主にシステム開発の上流工程に携わっています。上流工程とは、システムの機能を決める要件定義や機能定義、システム構成を決める構成管理などが主な業務です。それに対しプログラムのコーディングやその機能のテストを行うのが下流工程です。上流工程の如何によってシステムの品質が左右されるとも言われています。

実生活の中で、自分の仕事が垣間見えることも

システムというのは世の中の裏方の仕組みです。開発が完了してしまうと中々その様子を実感する機会は少なくなるのですが、自分が携わった企業の商品を店頭で見たり、設計したシステムで動いている配送業務の様子を垣間見たりすると、ちゃんと商品が流通していると実感出来てなんだか嬉しくなります。もちろん自分が参画している大きなプロジェクトが稼働したときの充実感や達成感も、モチベーションアップに繋がります。

他社からも真似されるような先進的な物流システムの構築が目標

漠然としたイメージになりますが、これまでにはない画期的な物流システムや他社からも真似されるような先進的な物流システムを設計してみたいと思っています。日本の物流システムの品質は世界でも高いレベルにあると思いますが、国内での激しい競争を勝ち抜く為にもライバル会社に負けない仕組みを生み出していきたいと考えています。最近ではリーダーとして立ち回る機会も増えてきました。時には辛いこともあるのが仕事ですが、そんな中でも楽しんで仕事が出来る職場作りに貢献して、職場の雰囲気の良さでも他社に差をつけたいですね。

学生へのメッセージをお願いします

私は中途入社でこの会社に入りましたが、だからといって特別不利に感じることはありません。福利厚生や研修制度も充実しているので、この会社に縁があったことは本当によかったと思っています。しかし、いくら環境が整っていても自分自身に向上心が無ければ周りには認めてもらえません。今私がこの会社にいるのは、これまでの経歴やシステム開発能力を買われて入社出来たと考えているので、買ってもらったその力を更に伸ばし、より高い戦力となることで会社に貢献していきたいと思っています。その向上心が、より多くの物流システムに関わる機会を生み出し、今まで以上に自分の関わる商品や配送業務を目にする機会となって返ってくると、私は信じています。目に見えるところでやりがいを感じられるのが、物流システムの何とも面白いところなのです。