ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

システム開発 - 食材調達システム

ケータリング用の料理メニューを作成し、必要な食材の所要量算出から材料の発注、販売価格の設定までを管理する調達システムを構築しました。

導入の経緯

お客さまの抱えていた問題点

膨大な料理のレシピ情報が有効活用されず、作業が煩雑でロスが発生していた。

システム導入の目的

  • 食材価格をリアルに原価金額に反映し、メニュー原価を算出
  • 適正な販売価格の設定
  • 発注業務の軽減

システムの概要

予算・請求・受注業務は、現行のシステムをそのまま利用し、メニューの原価見積、調達購買、販売価格設定の各システムと情報を連携する仕組みを構築しました。

【システム概要図】

システム概要図

システムの主な機能と特長

原価見積システム

事前に、メニューのレシピと食材の分量、歩留りなどを登録します。
メニューを決め、必要な食材毎の分量から原価金額を求めます。

調達購買システム

原価見積システムで設定されたレシピ情報を元に、設定メニューを任意期間に製造するための発注量を算出します。
発注処理を行った後の発注情報は、そのまま入荷・検品データとして利用されます。
業者から発注品が納入された時点で、納品検収を行い、実際の仕入価格が確定します。

プライシングシステム

原価見積システムで求められた原価金額を元に販売価格を求めます。また、その販売価格に対して、様々なシミュレーションを行い、適正な販売価格の設定を行います。

導入効果

  1. 膨大なレシピ情報をデータベース化し、メニュー作成作業を軽減。
  2. 設定メニュー、数量、製造する期間を指定することで、簡単に必要な食材の分量を計算し、
    発注数量が算出できるため、見込みの発注数量が把握可能。
  3. 事前の様々なシミュレーションにより適正な販売価格を設定でき、
    生産数量で実際の販売金額を算出し、原価分析が可能。

お問い合わせ お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

ソリューションに関する資料請求・お問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

電話によるお問い合わせ

03-5634-7296

03-5634-7296

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせ