ページの本文へ

Hitachi

日立物流ソフトウェア株式会社

配車管理システム、運賃計算システム

配車(運行計画)と連動して売上管理を行うことで、台当りの売上高、稼働率、実車率、積載率の把握などを可能とした、効率的な輸配送システムを構築いたしました。

導入の経緯

背景

  • 荷主の共同配送が増え、配車人員のプロ化が進む中で、荷主共通配車システムの必要性が高まっていました。
  • 既存荷主からの物量の激減と、荷主からの輸送費削減要請がありました。

お客さまの抱えていた問題点

一般輸送に加え、個口輸送を行うため、効率の良い配車を行う必要がありました。
また、売上高や稼動率、実車率等の把握も十分ではありませんでした。

物流改善の目的

配車一元化による車両効率化

  • 1台当りの運行回数を増やして実車率、稼働率を上げて利益を確保
  • 台当りの売上高把握
  • 傭車の検索システム化
  • 稼働率の把握と効率化
  • 実車率、積載率の把握

ネットワーク構築による事務効率化

  • 月次情報の早期化と日常業務の効率化

システムの概要

【システム概要図】

システム概要図

物流改善を進めるにあたり、お客さまと現状分析を行い、システムに求められる要件を整理しました。

現状分析からの課題

  • 売上情報が遅い
  • 日次の売上がつかめない
  • 空車が多くある
  • 入力フォームが統一されていない
  • スポット対応が難しい

課題を解決する為のシステムでの対応

  • 運行計画(配車)と売上管理システムを連動させ、売上/利益の見える化を実現する。
  • 各営業所の配車情報を検索できるようにする。

配車システム 受注入力画面
配車システム 受注入力画面

運行システム 運転日報入力
運行システム 運転日報入力

導入効果

運送業のお客さまでは、輸配送システム構築により、以下の改善効果を上げました。

  1. 一般輸送から個口輸送まで配車の効率化が実現し、保管業務を含めたサービスで
    お客さまの多様化したニーズに対応可能になりました。
  2. 請求運賃と支払運賃を計算できることから、業者別粗利益が把握できるようになり、
    適正利益を確保する施策が策定できるようになりました。
  3. 支払運賃が正確に計算できるようになり、輸送費の削減につながりました。
  4. ネットワーク構築による事務効率化により、事務作業の負担が軽減しました。
    月次管理資料の作成工数が大幅に減り、月次情報の早期化が実現しました。
  5. 全営業所の配車状況が一元的に見られるようになったことで、実車率、積載率が向上し、
    輸送費削減につながりました。

導入ソリューション

配車管理システム

配車管理システム

配車管理システム
地図やチャートを使って最適な配車を組み込んでいく配車システムです。
運賃計算/支払請求システム

運賃計算/支払請求システム

運賃計算/支払請求システム
トラック輸送における運賃計算/料金計算や請求/支払運賃を管理するシステムです。

お問い合わせ お問い合わせはコチラ

お問い合わせ

本事例のソリューションに関する資料請求・お問い合わせ、見積もりやご質問などお気軽にご相談ください。

電話によるお問い合わせ

03-5634-7296

03-5634-7296

フォームによるお問い合わせ

お問い合わせ